Skip to content

突然の出費は痛手です

正社員として働いたり、アルバイトとして働いたり、はたまた専業主婦で家の仕事を頑張ったり、私もそれぞれの生活をしてきました。
この自分の性格もあり外で働くと、本当に自分のギリギリのラインまで仕事をしてしまうところが有るので、今はアルバイトと言え自分が崩れてしまうのを避け、心と体を立て直す為に専業主婦をしています。

専業主婦となると、やはり外へ出て働いていた頃の様に収入を得ることは難しく、夫が懸命に働いて稼いできたお給料で暮らしていくことになります。
夫からいただく生活費の使い方は、年齢とともに変化していきます。
光熱費や食費、家賃又はローン、生命保険料だったり、たまの娯楽の旅行だったり、その割合が変わっていきます。
限られたお金の中でやりくりをしているので、いただいたお金でやりくりできるかできないか、というギリギリの生活を送ることもしばしばです。

そんな時にちょっと困ってしまうのが、ご祝儀・不祝儀、その他のお祝い事の突然の出費です。
ご祝儀は披露宴やおめでたのお知らせなどが少し前に届くので、少し前から心がけて準備しておくこともできますが、不祝儀は前もってわかる事はほとんどないので、本当に突然ですので準備しておくこともできません。
私たち夫婦は年齢も年齢ですし、お安くは済まないので正直焦ってしまいます。

近年は深夜でもお金をおろして用意することができるようになったので助かりますが、想定外の出費なので家計に響いてしまいます。
多少の蓄えは勿論していますし、冠婚葬祭費用の出費は毎年覚悟していますが、お祝い事ですと一度にひと月分の食費は軽く飛んでしまうので、少々胸がグッとなってしまいます。
生活費を切り詰めて生活を送っていますが、お財布の中に零が沢山ついているのお金はなるべく入れておかないようにしていますし、銀行に預けてあるので家の中に現金が沢山あるという事はほとんどありません。

なので、冠婚葬祭費用が必要になった時は、必ず銀行や近所のATMへ行ってお金をおろしてきます。
くしゃくしゃなお札を使える場面ではないので、尚更です。

そういうわけで、基本的に冠婚葬祭費用の急な出費には頑張ってためた貯金から工面して、乗り切っています。
以前勝手にカードキャッシングされて苦い思いを経験したことが有るので、キャッシングなどには頼りません。

同じ冠婚葬祭費用でも友人や職場の方へお渡しする際は、お互いに負担にならない程度の金額に抑えたりして、コントロールをすることがあります。
勿論その時は「気持ちなので、お返しは無しで」という一言を添えて、お渡ししています。

冠婚葬祭以外のお祝い、例えば入学祝いや合格祝い、出産祝いなども同じで、親戚以外でしたらもらいっぱなしでも負担にならない金額を包んだり、使用して無くなるものをプレゼントしたりしています。
お祝い事の時は急な出費も頭をフル回転させて臨機応変にプレゼントなどにして、できるだけ金額を抑えるようにしています。
プレゼントもネットなどで同じ商品でも価格の安いものをチョイスして、自分で可愛くラッピングをすることもあります。

あまり大袈裟にお祝いしてしまうよりも、さりげなく気持ちを表したほうが良いことが多いので、食事に誘って食事代を持つなどすることもあります。
誰かとお付き合いしていく上では必ず必要になる出費ですので、できるだけ貯金をしておいて備えるようにはしています。

本当にお金がなくて困ってします時には思い切って借りることも大切です。気持ちにゆとりが少しだけできますよ。
今すぐお金を借りる※お金を借りてもいい人・ダメな人とは?

人生はお金がかかることだらけ

生活と言うものは、何かとお金も掛かるものです。

例を挙げれば、食事をしたり、トイレやお風呂を利用するのも、水道代やガス代、電気代などの諸経費も掛かります。
そのため、私たちは仕事をして、収入を得ている訳ですが、あまりにも収入が低い場合などは、この生活費を捻出するのも難しくなります。
このような場合には、副業などで収入をアップさせたりする方法もありますが、時間が無い場合や、副業が出来ない時などは、やはり節約したり、お金を金融会社から借りたりする人も少なくありません。
また、お金に困ることは、生活以外にもこんなことで出てくるものです。

[結婚や出産などの人生のイベント時にはお金も必要となる!]

私たちは、好きな人が出来て、一生を共にする際には、入籍だけを済ます場合もありますが、盛大な結婚式を挙げることもあります。
この結婚式でも、100万から400万ほど費用が掛かる場合もありますので、やはり結婚を考える相手が出来たならば、それに伴って貯金もしておく必要があります。

また、結婚をすれば、子供が出来る夫婦も多く、この妊娠、出産なども費用が掛かることも少なくありません。
最近では、子供の出産に合わせて出産祝い金などももらえるようになりましたが、それでも子供を育てるならば、かなりのお金が要るものです。

例を挙げるならば、子供の進学なども、大学などでは初年度だけで100万ほど掛かる可能性もありますし、子供のうちから私立の小学校などに通わせると、学費も公立よりも負担が大きくなります。
そのため、子供の成長に合わせて、学資保険などに加入して用意しておく家庭も多いものです。
けれど、予想しなかった学費なども発生することもありますので、そのような場合には、借金をしないといけなくなる恐れもあります。

[家族が増えることで必要となる費用も多い!]

また、上記のように子供が産まれると、今まで住んでいた家が手狭になり、引越しを余儀なくされることもあります。
そのため、広い家を購入したり、賃貸物件で探したりと、手間も掛かる上に、固定資産税や賃貸料金が一気にアップしてしまうこともあります。
それに、新しい家に引っ越す際には、引越し代も掛かりますし、家具などを新しく購入することもあります。

ですので節約できるところは節約したいものです。我が家は引越しの際このサイトを利用しました
⇒⇒⇒⇒家具安い******

上記に挙げた点が、生活で支出が必要となる原因になります。”

消極的な子どもの子育てに悩んでいます。

私が子育てで悩んでいることは、消極的な子どもにどうやって色々な経験を積ませるかということです。

我が家の子供達は赤ちゃんの頃から非常に慎重で、知らない人には一切抱かれず、 知らない場所では抱っこから決して降りようとしませんでした。 歩き出した頃もとても慎重にゆっくり歩いていたので、こけて膝をすりむいたり といったことは全くなかったです。

幼児の頃は初めて行った公園ではすぐには遊ばず、ひたすらよそのお子さんが遊んで いるのを見ていました。 しばらくして公園に誰もいなくなると少し遊ぼうとはするのですが、 滑り台などは警戒して滑りませんでした。

「お母さんも一緒に滑ってあげるからおいで」と言っても怖がって、 私は何度も一人で滑り台を滑ったり、ブランコに乗ったりしましたが、 子どもはそれを見ているだけで、私は何度も歯がゆい思いをしました。 その頃は公園についたとたん遊具に飛び出していくような元気なお子さんが、 とても羨ましかったです。

お友達のお家でビニールプールをした時も、うちの子たちよりも小さな子が 喜んでプールに入って遊んでいるのに、わが子はプールに入るのをひたすら 拒否。ママ友が何度も誘ってくれたのですが、しまいには泣き出してしまった 思い出があります。

現在は二人とも小学生になったのですが、未だに消極的なところは変わらず、 常に迷ったらやめておく、というポリシーを貫いています。

私は無理強いするのも良くないし、自分で決めることも大事と二人の意志を 尊重してはいるのですが、自由参加の行事などはすべて欠席する子ども達を 見ていると、このままでは色々な経験をするチャンスを持てないまま 大人になってしまうのではないかと悩んでいます。

少しでも積極性を持たすために一泊旅行にでかけたりと工夫はしています。今週末も一泊で近場ですが行ってこようと計画を立てています。前回の旅行でスーツケースが壊れていたのを忘れて昨日即日発送で注文しました!!※スーツケースを即日発送で注文しました。

子供たちがいると一泊旅行でも何かと荷物が増えるのでなるべくスーツケースを利用するようにしていますよ!(^^)!

 

価値観の違い

私の夫は長男です。義弟1人います。

結婚相手に求める事は同居や2世帯などを希望しない人が良いです。

私は結婚と同時に敷地内別居になりました。結婚前に敷地内別居が嫌だったので夫に職場近くに住みたいと言っていました。というのも夫の実家から職場まで車で1時間かかります。夜勤もあるし月1回の会議があります。仕事でなくても出勤しないといけないです。

義両親は長男はこうあるべきという昔の考えがあります。義両親は外ばかりしか見ていません。家に関しては後に別居になったけど、新築の家を購入する時に住宅ローンの審査が難航した事もあり、家があるのは助かりました。正直同居は上手くいってるケースは少ないと思います。

世間体ばかり気にしているので、お金が無いのにあるふりをして食事を豪華なものにしたり、キレイな洋服を着たりしている義理両親も嫌いです。夫曰く、昔は、それがエスカレートして借金を作っていたこともあったらしいです。それがばれたときの方が世間体気にした方がいいと私は思うんですけどね(笑)とりあえず見た目的なところを突っ走ってしまったんでしょうね・・・

私は夫から世間一般常識という言葉をずっと言われてきました。毎週義実家の訪問は当たり前と言われました。でも義両親は私の事で夫や私の親に言ってるのに来いというのが不思議な話しです。言ってる事とやってる事が矛盾しています。その時は義弟が結婚してなかったけど、結婚したら義弟嫁と比べます。義父と同じ大学を卒業してるし、愛嬌もあります。夫は私に義両親にされてきた事は我慢してという感じです。夫が自分自身で播いた種だから、解決する見込みはないです。義両親が私や私の家族の悪口を夫経由で夫が私の両親に言ったからです。比べても何の得にもなりません。

私の家は兄弟比べられた事がありません。母親が親戚と比べられ嫌な思いをしてきたからです。可愛がられた方は近寄るけど、逆は近寄らなくなると思います。まあ義両親はそんな事実を知ってるかわからないけど、知ってたとしたらかなり計算高い人達です。

 

増税前の購入品

増税前にあれこれと購入したものは、たくさんあります。
化粧品やパソコンのインク、文房具や防虫剤や除湿剤。
ミネラルウォーターや非常食のレトルトカレー。
電車の回数券や郵便切手など。

私はトイレの掃除がなぜか昔から大好きというか、トイレは絶対に綺麗にしておきたい方なので、トイレ掃除用品は沢山購入しましたよ〜植村香奈さんの歌でもあったように、トイレには神様がいるとおもうし、トイレを綺麗にすることによって家の中に良い運気が流れるっていうのもきいたことがあるので特に綺麗にしています。

はじめて行ったお店のトイレが汚かったらももうこのお店には来たくないなって思うのでトイレの清潔感って本当に大事だと思うんですよね・・・・先日行った居酒屋さんのトイレ・・・スリッパ濡れてましたからね・・・ありえません(>_<)もうこのお店には行かないとおもいます。。。

その他、商品でなくてサービスのクーポンも買いました!!
美容室のクーポンも数カ月先まで使えるものを3枚ほど購入。
春休みに出かける電車の切符は金券ショップで人数分あらかじめ購入。
金券ショップで購入すれば、3か月間いつでも使えて¥10~¥30くらい安いし、
小田急線は土日祝日の切符はさらに安く買えます。
すべての路線を取り扱っている訳ではないですがそれでもお得です。
あとは、春休みに行く予定のスペイン&イタリアンレストランのクーポンも買いました!!

増税前に出費を増やしてでも購入しておいて良かったと思えるものをきちんと選んで購入したつもりなので無駄にしないようにしたいですね(*^-^*)

ガソリンも3月末に満タンにしたのですが、消費ものはあまり意味はなかったように思いますね((+_+))

生活を圧迫してきた増税・・・また次も上がるしで、本当に辛いですね(._.)

お金の心配が一番だったな

大学の時は実家を離れて、大学近くの集合アパートに住んでいた。
実家からの仕送りもたくさんはなく、
奨学金と長期の休みに居酒屋でアルバイトをして、
なんとか生活していた。

どうして居酒屋かというと、深夜にシフトが入るとそれだけ時給はあがるし、他のバイト、コンビニやドラッグストアなんかよりは全然時給がよかったから。
食費をなるべくかけないように、
ごくわずかなご飯とおかずで毎日過ごしていた。
栄養不足だったのか、体重も5キロくらいすぐに減り、
体調不良になることもあった。
節約生活をしているが、コンパはできるだけ行きたかった。
コンパに行くには、着ていく洋服も必要で
出費がかさむことになる。
どうしてもお金がないときには
体調不良ということにして参加を見送っていた。
今となっては、あの節約生活はもうできそうにない。
お金がないということの大変さを
十分に体験することが出来た学生生活だった。

今では、その時の苦しくて辛かった時期があったからこそ、しっかりと貯金もしているし、そこまでの不自由さは感じていません。

消費税もあがるし、支出が増えるのがちょっと痛いですが、その時代に上手く乗ってやっていきたいですね。

てきぱきと仕事をこなしている

看護師をしている女性について思うことは、しっかりしていて明るいと言う印象です。病院に行く機会がありますが、看護師はいつもてきぱきと仕事をこなしています。忙しそうですがその中でも私達に対する気遣いを大事にして、明るく声をかけてくれるところがとても助かっています。忙しい中これだけ他人に気を使えるなんてほんとすごいとしか言いようがありませんね。

病気になって弱っている時には、こういった看護師の存在がとてもありがたいものです。その存在のおかげで安心して治療を受けることができますし、私にとってはなくてはならないと感じています。いなかったら治療を受けることなんてできなかったかもしれません。

旦那が入院したことがあったのですが、看護師は私に対しても旦那に対しても親身になって話を聞いてくれましたし、心細くて不安な気持ちを支えてくださいました。 「私達に任せてください。一緒に頑張りましょう。」という言葉が心の支えになりました。

特に夜勤の時の看護師さんは大変じゃないかなと思います。数人でその病棟を対応するというわけですからね。アルバイトの人も多いみたいですね。→夜勤看護師アルバイト

ナースって・・・。

こんにちわ、ナースをしているユウコです。

ナースになって3年、だいぶ仕事にも慣れてきたんですが、毎日本当に大変です。

ナースっていったら、女性の憧れの職業で凄く羨ましがられます。

私もナースになる前は凄く憧れを持っていたんですが、実際なったら、こんなにハードな仕事だったのか・・・とちょっと後悔してます。。。

まぁ、自分で選んだ仕事なので頑張るしかないですけどね。

多分これから、こんな感じで愚痴ばっかり書いていきそうです。